苦味

夏を乗り切るために。知っておくべき“苦味”のコト 第5回(全5回)」

15a85982f7c3c8bbd92e9a8191a17b26_m.jpg

野菜や山菜の適度な苦味や渋味・えぐ味もまた、食品独自の味であり、食品の風味上欠かせないものです。

15a85982f7c3c8bbd92e9a8191a17b26_m

ちなみに、渋味とは舌粘膜の収れんによる物理的刺激で、化学的刺激である苦味とは味の種類が異なるものです。

「えぐ味」は苦味と渋味を混ぜたような、特に不快な味を指します。

野菜や山菜に含まれる苦味や渋味・えぐ味や褐変を起こす色素などを一般にアクと呼びます。調理の際にはアク抜きを行いますが、アクも食品が持つおいしさの要素です。苦味や渋味・えぐ味を完全に取り去るのではなく、おいしく感じる程度に残すようにあく抜きすることが大切です。

f5a086e7bc39d0dbe4dacb663bf676a6_m

苦味は一般に好まれにくい味だけに、以前から、薬品や加工食品の苦味を抑制する研究は行われてきました。しかし、甘味やうま味などの好まれる味に比べ、苦味自体の嗜好性の研究例は多くありません。

それでも最近では、苦味は成人の食嗜好性を考える上で重要な味として注目され、「究極の味」とも言われるようになってきています。

また、苦味成分から生活習慣病を予防するなど人体に有用な生理活性作用がつぎつぎに明らかになっています。苦味物質は、人体に必須の栄養素ではないため、摂らなくても生きていけます。

しかし、人間は苦味を取り入れることで生活に潤いをもたらし、味覚の世界を豊かにしてきました。苦味は人間だけが楽しむことのできる味です。苦味も含めた、幅広いおいしさの世界を味わいたいものです。

 

夏を乗り切るために。知っておくべき“苦味”のコト 第4回(全5回)」

528fd1448740c5442a434e6276678ffc_s.jpg

43128b0464fcf9a3978ce4fb23676b81_s お茶や赤ワインに苦味や渋味をもたらしているのはポリフェノールの仲間のカテキンで、動脈硬化など循環器での疾病の防止や、癌に対する予防的効果などがあると大きな話題になりました。

最近、ホップに由来するビールの苦味成分であるイソフムロン類にも、広範囲な生活習慣病に効果があることが分かってきました。

 

 

 

528fd1448740c5442a434e6276678ffc_s

チョコレートのほろ苦い味は、テオブロミンによるものです。

テオブロミンはカフェインによく似た物質ですが興奮作用がマイルドで、精神状態をリラックスさせる効果があります。

カフェインに記憶力をアップさせる効果があることが報告されていますが、テオブロミンにも集中力を促進させる作用があり、記憶実験でチョコレートを食べたグループの方が解答率が高いという結果が出ています。

近年、チョコレートの主成分であるカカオに含まれるポリフェノールには、抗酸化作用、動脈硬化の予防、抗ストレス効果などがあることがつぎつぎに報告されています。

 

012821e20261cb1bdcd6a95712fcada2_s

 

気分を変えたい時やストレスから開放されたい時に、コーヒーやお茶、チョコレートなどの苦い嗜好品が欲しくなるものです。

無意識に身体が、苦味物質がもつ生理的作用を望んでいるのでしょう。

調査によると、ヒトが何らかのストレスを受けた後には、苦味の感受性が低下し、苦味のある食品をおいしいと感じる傾向があります。

 

また、食に対する興味や関心が強いほど、食品の苦味を好む傾向も強くなり、ストレス解消の手段として苦味をより求めるようにもなるとも言われています。