鼻をつまむと、ピーマンが食べやすくなる理由

21_a.jpg

早いもので、今年も残りあと一カ月。 来年にうまくバトンを渡せるよう、

残りの日数を、大切に過ごしていければと思います。

今回は、「風味」の話です。

舌の味蕾は味を識別し、鼻の神経はにおいをかぎ分け、

それらの情報が脳で1つに統合されることにより、「風味」として認識されます。

21_a

鼻をつまむと、苦手なものでも食べられてしまうのはなぜでしょう?

子供の頃、トマトやピーマンを鼻をつまみながら食べませんでしたか?

トマトやピーマンを嫌いな理由が、酸っぱいとか苦いとか味だけのせいならば、

鼻をつまんでも何の効果もありません。

鼻をつまんだら食べられるということは、

それは味そのものではなく、「においが苦手」だということになります。

21_b

においの分子が鼻腔に入るには、二つの経路があります。

一つは、呼吸により鼻の穴を通り前方から入る場合です。

もう一つは、口の中、のどからほんの少し手前を通り後方から鼻腔に入る場合です。

口の中の食べ物のにおいは、鼻から息を吐き出すときに、かえって強く感じられるかもしれません。これは、肺から上ってきた呼気により口の中のにおいが運ばれ鼻腔に到達し、鼻の穴に排出されるからです。

鼻をつまんだ場合、口で呼吸することになります。

すると、口の中のにおいは鼻腔に上がらず、吸気とともに肺のほうへと送られてしまうので、口の中のにおいを鼻腔で感知しにくくなるのです。