お金を稼げるサービス、稼げないサービス②

16_a.jpg

最近、全く“味覚”に関することを書いてない、斉藤です。 そのうち、また一気に書きますね!

そういえば、もうすぐハロウィン。

なんだか楽しみです。

16_a

ここから、前回の続きです。

どうすれば、「課金できる」ようなサービスを作り出せるのか。

解決手段を作ると売れる

×「あったら便利」、○「なくちゃ困る」

解決手段として、誰かの悩みを解決するようなものを作りましょう。

「誰のどんな悩みを解決するのか」を明確にイメージして下さい。

その後、「その悩みはお金や時間を使っても解決したいものなのか」っていうのをちゃんと考えなくちゃダメなんですね。

あったら便利なものは、なくても困らないもの

かもしれないわけですよ。

人は願望をかなえるためにお金を払うのではなくて、

「苦痛から逃れる」ためにお金を払うんですね。

 だから、そのサービスがないことによって「どんな苦痛」が発生しているのかを考える必要があります。

・「誰の悩みを解決するのか」

⇒「その悩みによって発生する苦痛は何なのか」

⇒「その悩みはお金を払ってでも解決したい悩みなのか」

⇒「その悩みを解決するためには自分のサービスしかないのか」

という順番で詰めていくと、

ほとんどの思いつきは「発明品」の枠を出ていないことが分かりますね。