お金を稼げるサービス、稼げないサービス①

15_a.jpg
10月なのに、まだまだ暑い、今日この頃。

どもども、味覚カウンセラー協会の斉藤です。

15_a

私はビジネスモデルを作るところから相談に乗ることも多いため、

「商品作り」の段階で、みなさんがぶち当たる壁というものが、

なんとなく分かります。

それがいわゆる

「課金の壁」、です。

すでに頭の中では、やっていきたい方向性やビジネスモデルはあるんです。 けれども、それが、お金にならないようなサービスになっている人が多い。

それでも、自分の仕事にしていくには、お金にしなきゃいけないですよね。

課金できなきゃ、ただのボランティアなので。

じゃあどうすれば、 「課金できる」ようなサービスを簡単に作り出せるのか。

今日はそんなお話です。

15_b

発明品を作ってる人が多い

どういうことかと言うと、

「あったら便利そうだな」

みたいなサービスを作ろうとしちゃうんですよね。

こういう人は、

まさに新しい発明みたいな感覚でサービスを思いつきます。

「え、こんなのあったら良くない??」みたいな感覚で。

例えば、

●ヘアカットと同時にネイルもやってくれるサロン

とかがあったら、

手間が省けて便利そう??

他もやってないし、絶対流行る!!

で、競合がいないような

誰もやっていないビジネスに突っ込んじゃうんですね…。

誰もやっていないから、

私が先駆者になって市場独占!!

みたいな気持ちになって舞い上がってしまうわけです。

このようなサービスは、

人に聞いてみると

「あ、確かに便利そうだね」みたいな感想が返ってくるから

余計タチが悪いです。

「このサービス、便利そうじゃない?」って聞いたらダメなんです。

このサービスに、お金を払う?」って聞かないと。

総論OK,各論NGみたいなもんで、

「いいね!」をつけるのと

「実際にお金を払う」ってのは全然別の話なんですよ。

そうやって「いいね!」をくれる人に限って、

実際にサービスインしたら全然使ってくれませんよ。

続く。