【メモ】「ポテチを異常に食べる人たち」

10_a.jpg

10_a 連休に読んでみました。

幕内秀夫氏の「ポテチを異常に食べる人たち」。

非常に興味深い内容でしたので、メモ。

なぜ、ポテチにハマってしまうのか??

10_b

甘味、塩味、旨味、脂味、といった、

味覚としての「うまみのカルテット」が成立している。

→それぞれの要素が食材から出た自然な甘味や旨味ではなく、

精製された調味料で作られている。

 

そのため、“病みつき”になってしまう。

スナック菓子の脂質含有割合:約31%

10_c

対して、サーロインステーキ24%。マグロ28%。

→ステーキや大トロよりも脂がのっている、とも言える。

→スナック菓子は、200円以下で買える、「ごちそう」である。

「あまから」を行う人、多し

10_d →スナック菓子と甘いお菓子を交互に楽しむ。

→いつまで経っても、食べ終わることがない。

→総カロリーが高くなってしまう!

きちんと食べる、ことが生命線

10_e

→スナック菓子を食べる、食べない、というよりも、まずは、

 きちんとした食事を朝昼夕とることが大切。

「HALTの法則」を生かそう

10_f

→ヤミつきになってしまう心理的状態を作らないためには

アルコール依存症の治療でも重視されている、

「HALTの法則」を生かす。

→H:ハングリー(おなかを空かせない)

  A:アングリー(怒らない)

  L:ロンリ―(独りにならない)

    T:タイアード(疲れない) 以上、メモでした!